目的

グレイトブリテン・ササカワ財団は芸術文化、人物・社会交流、科学技術から医学、スポーツ等様々な分野の活動に対して資金援助を通じて日英両国間の相互理解と協力を推進することを目指しています。

財団の本部事務所はロンドンにあり、駐日事務所が東京にあります。

ロンドン事務所では年に3回、東京事務所では年に2回申請締切日があります。申請締切日等について詳しくはこちらへ

ロンドン事務所の次期申請締切日は2022年9月15日。審査会は2022年11月開催予定。(バターフィールド基金への申請も含む)

東京事務所の次期申請締切日は2022年9月30日。審査会は2022年10月開催予定。


財団からのお知らせ

SMS Bridgesによるジャパンタイムズへのインタビュー

英国と日本とのパートナーシップに関するSMS Bridgesによるジャパンタイムズの記事に、グレイトブリテン・ササカワ財団の事務局長、ジェニー・ホワイトへのインタビューが掲載されました。

2020年度年次報告書

グレイトブリテン・ササカワ財団の2020年度年次報告書がオンラインで閲覧できるようになりました。年次報告書には2020年度に助成させて頂いた事業の一覧リスト、最近実施された助成プロジェクトの紹介、そして2020年度の財務報告も掲載されています。2020年度年次報告書、そして過去の年次報告書は全て、こちらのウェブサイトの年次報告書のページからご覧頂くことができます。


最近の助成事業紹介

  • Gitte Marianne Hansen氏とFabio Gygi氏編集によるペーパーバック書「The Work of Gender:Service、Performance and Fantasy in Contemporary Japan」がNIAS Pressより発行される(2022年9月)
  • マンチェスターにて開催されるサブマージュ・フェスティバル(2022年3月19-27日)とバーミンガムで開催されるフィアス・フェスティバル(2022年10月10-16日)に日本人アーティスト、サエボルグによるビジュアルアートパフォーマンス「ピッグペン」の英国プレミア公演を開催
  • ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは19世紀の日本画家、河鍋暁斎氏の作品展「暁斎:イスラエル・ゴールドマン・コレクション」を開催予定(2022年3月19日-6月19日)
  • 日本で生まれ、1945年からは英国に移住した日本人女性4名の物語を没入型展示パフォーマンスにより表現するプロジェクト「ツナグ/コネクトライブ」をニュー・アース・シアターにて実施予定(2022年4月23-30日)
  • Sudeepa Abeysinghe氏、Claire Leppold氏、尾崎章彦氏、Alison Lloyd Williams氏編集による地域社会の福祉とレジリエンスに関連して災害復興の問題を検証した書籍「Health, Wellbeing and Community Recovery in Fukushima」がRoutledgeより発行される(2022年6月20日)
  • ロンドンのファウンドリング(孤児院)博物館http://www.gbsf.org.uk/jp/にて、日本の漫画を含むコミックやグラフィック述べるでの孤児、養子、養育者の子供達がどのように表現されているのかについて探求する展示会「Superheroes, Orphans & Origins: 125 years in comics」を開催(2022年4月1日-8月28日)
  • ケンブリッジ大学図書館にて、侍の歴史的ルーツやその文学的なイメージについての展示会「侍:歴史と伝説」を開催(2022年1月22日-5月28日)
  • 若手アーティスト達による演劇、写真、ファッション、そして入れ墨などを融合させたエキセントリックなアートを紹介するイベント「Electric Japan 2022」をロンドン、コロネット・シアターにて開催予定(2022年5月14日-5月29日)
  • 英国と日本の王室と皇室の間の300年にわたる外交、芸術、文化交流を通じて得られたロイヤル・コレクション・トラストが所蔵する日本の芸術作品を展示する「Japan:Courts and Culture」展がバッキンガム宮殿クイーンズ・ギャラリーにおいて開催(2022年4月8日-2023年2月26日)
  • 時間と空間を超えた想像上の風景を描いた幻想的な作品を紹介する、アジア以外では初の展示会となる「野又穫:風見の地(Windscape)」展をベクスヒル・オン・シーのデ・ラ・ワー・パビリオンにて開催(2022年5月21日-9月4日)
  • デボンのダーティントン・トラストにて日本の茶道について学ぶ無料講義とワークショップ「In Unity-日本の茶道」、更にはアズキ財団主催による有料陶芸講座「In Unity-日本の茶碗」を開催(2022年6月12日/6月12日)
  • 日本の能楽師による古典作品の紹介及び英国の革新的アーティストによる能の新しい価値観と可能性を探る、Mu:Artsと国際能プロジェクト実行委員会主催のプロジェクト「能-reimagined 2022-花の精霊」をロンドンのキングス・プレイスにて開催(2022年6月24日-6月25日)
  • スタウアブリッジで開催される国際ガラスフェスティバルにて、英国では初めての展示となる東アジアのアーティストによる80を超える作品の国際展「Expanding Horizons」と日本のガラスメーカーのスキルを紹介するマスタークラスプログラムを開催(2022年8月26日-8月29日)

財団が支援したその他の事業については年次報告書にてより詳しくご覧に頂けます。

外部ウェブサイトに記載される内容について、当財団は一切の責任を負いません。