助成申請について

助成について

グレイトブリテン・ササカワ財団では、日本と英国の相互理解に寄与し得ると認められる案件に対し、英国または日本国籍を持つ組織・団体を対象として次の分野の事業に助成を行ないます。

  • 芸術・文化
  • 人物・社会交流
  • 日本語教育
  • 医学
  • 科学・技術・環境
  • スポーツ
  • 学校・教育・青少年交流

当財団は上記の各分野の中でも、特に科学・技術・環境、医学、社会交流及び日本語教育、日本研究における事業をより多く支援したいと考えています。

当財団は事業の規模の大小関係無く、数多くの小規模な事業への助成も行なっております。事業の規模は小さくとも、小さな地域内で行なわれる活動の方がより地元地域の人達へ直接的な交流へと繋がると考えているからです。例として、これまで下記のような事業に助成を行ないました。

  • 日英両国の学者、各分野の専門家、芸術家、教育者、青少年、ジャーナリスト、そしてNGO団体の日英相互訪問交流事業
  • 共同研究、セミナー、ワークショップ、講演会の開催や、各分野の専門書の出版事業
  • 英国の大学や学校における日本語教育及び日本文化の研究事業
  • 芸術家、音楽家、映画製作者、作家や劇団による展示会、公演会の開催

申請方法について

ロンドン事務所では年に3回申請を受け付けています。各申請締切日は3月31日、9月15日、12月15日です。各申請締切日に対して5月、11月、3月に審査会が開催されます

東京事務所でも年に2回申請を受け付けています。各申請締切日は2月28日、9月30日で、各申請締切日に対して4月と10月に審査会が開催されます。

上記に記されている分野における日英交流事業が申請対象となります。ただし、助成金を消耗品や資材の購入、謝礼金などに充てることは禁止しております。(宿泊費、渡航費などは対象となります。)

また、論文研究やフィールドワーク実施のために日本に旅行することを希望する博士課程の学生に対して、最大1,000ポンドまでとする旅費も支援しています。

通常の助成とは別に、医学分野の研究者及び医師による日英共同研究や情報交換を支援することを目的としたバターフィールド基金もございます。医学分野におけるあらゆる関連事業で最長3年継続されるプロジェクトが対象であり、助成額は最大5,000ポンドまでとなります。セミナーや会議、ワークショップへの参加のための旅費や滞在費、出版費などは対象となりますが、消耗品購入費や診察・治療費は対象外となります。バターフィールド基金の申請締切日は毎年12月15日の1回のみとなり、翌年の3月に審査されます。(バターフィールド基金については、ロンドン事務所のみでの受付となります。)

助成金の申請方法については、こちらへ。

自主事業

日英交流事業への助成支援とは別に、当財団ではジャパン・エクスペリエンス・ツアーササカワ日本研究奨学金プログラム日英グローバルセミナーなど、幾つかの自主事業を実施しています。

各プログラムの詳細については、リンクをクリックして頂けると関連サイトに移動しますので、そちらをご覧ください。