ステュデントシップ

ササカワ日本研究奨学金

当財団は日本財団と共同で英国の大学における日本研究の促進と日本専門家育成を目的としたササカワ日本研究奨学金プログラムを共同で実施しています。このプロジェクトは毎年30名ほどの大学院生にそれぞれ約1万ポンドの奨学金を提供しています。
この奨学金プログラムは、2008年から2013年までの5ヵ年に渡り日本財団からの支援を受けて英国の主要大学12校に13の現代日本研究の講師ポストを設置したササカワ・レクチャーシップ・プログラムの実績を土台に開始されました。

レクチャーシップ・プログラムに続いてこのササカワ日本研究奨学金プログラムは財政難で危機的状況にあった英国の大学における日本研究を維持進行することに大きく役立ち、更に進展させることができました。また、将来の有能な日本専門家の育成に大きく貢献できていると思います。

申請方法

学生個人が直接財団に奨学金の申請をすることはできません。申請は英国の大学もしくは高等教育機関を介してのみ可能となります。申請を希望される大学や団体は、まず当財団のロンドン事務所に詳細をお問い合わせ下さい。次期プログラム(2021年10月-2022年9月)の申請受付は締めています。

これまでに奨学金が提供された大学・団体:バーベック大学、 ブリストル大学、ケンブリッジ大学、カーディフ大学、ダラム大学、エジンバラ大学、キングス・カレッジ・ロンドン、リーズ大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、マンチェスター大学、ニューキャッスル大学、オックスフォード大学、オックスフォード・ブルックス大学、シェフィールド大学、SOAS (ロンドン大学), セント・アンドリュース大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、イーストアングリア大学、ワーウィック大学、ヨーク大学

発表会議

今回2回目の開催となるササカワ日本研究奨学金の奨学生を一同に集めた研究発表会議(隔年開催)が2018年11月8日にロンドン大学の東洋アフリカ研究学院(SOAS)にて開かれました。今回の会議には44名の奨学生が参加しました。このイベントは、研究発表、意見交換、そしてパネルディスカッションなどを通して、様々な分野における日本専門家の方々と学生に交流していただくことを目的として開催されました。

今回のイベントでは多くの参加者がそれぞれの研究発表をし、それらに対して、お忙しい中貴重なお時間を割いてこのイベントにご出席くださいましたDr. Erica Baffelli(マンチェスター大学)、Dr. Marcos Ceteno(バーベック大学)、Prof. Janet Hunter(LSE)、Dr. Helen Macnaughtan(SOAS)、Dr. Peter Matanle(シェフィールド大学)の皆様に発表の講評、助言をして頂きました。またこれまで過去に、この奨学金を受給した多くの卒業生もこのイベントに参加し、奨学金受給後、どのような経験を積み、どのようなスキルを身に着けたのかなど話してくれました。

今回のイベントでは、論文などの出版に関するアドバイス・セッションや、国際交流基金、日本学術振興会(JSPS)、在英日本国大使館、英国日本研究協会(BAJS) による、大学院での日本研究を続けるための支援に関するパネル・ディスカッションも行われました。

研究発表会議終了後に行われたレセプションには日本大使館、英国日本研究会、日本学術振興会の方々をはじめ、英国の各大学から日本研究の指導教官が多数参加して下さいました。在英日本国大使館の伊藤公使は、英国における日本への理解を深めるため、このプログラムがいかに重要であるかについて、そして、お互いの文化や社会に対する相互理解と評価を高めることは、世界平和を促進することに貢献するとお話しして下さいました。

ゲストスピーカーのお1人は、今回イベントに参加したことに際し、「このようなイベントは(博士課程取得に際して非常に重要な要素の1つでもある)交流、人脈作りのためのネットワーキングをする素晴らしい機会です。今回このイベントで熱心に研究を行っている学生が多くいらっしゃること、とても感動しました。また、研究発表や意見交換など、イベント全体でとてもポジティブな雰囲気を感じられたことが大変嬉しく、また、このような(人脈作りなどを行える)機会が与えられることこそ、何よりも素晴らしいことだと思いました。」と話して下さいました。

イベントに参加した大学関係者:バーベック大学、ケンブリッジ大学、ダラム大学、エジンバラ大学、キングス・カレッジ・ロンドン、リーズ大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、マンチェスター大学、ニューキャッスル大学、オックスフォード大学、シェフィールド大学、SOAS(ロンドン大学)、イーストアングリア大学、ウォーウィック大学、ヨーク大学