ステュデントシップ

ササカワ日本研究奨学金

当財団は日本財団と共同で英国の大学における日本研究の促進と日本専門家育成を目的としたササカワ日本研究奨学金プログラムを共同で実施しています。このプロジェクトは毎年30名ほどの大学院生にそれぞれ約1万ポンドの奨学金を提供しています。
この奨学金プログラムは、2008年から2013年までの5ヵ年に渡り日本財団からの支援を受けて英国の主要大学12校に13の現代日本研究の講師ポストを設置したササカワ・レクチャーシップ・プログラムの実績を土台に開始されました。

レクチャーシップ・プログラムに続いてこのササカワ日本研究奨学金プログラムは財政難で危機的状況にあった英国の大学における日本研究を維持進行することに大きく役立ち、更に進展させることができました。また、将来の有能な日本専門家の育成に大きく貢献できていると思います。

申請方法

学生個人が直接財団に奨学金の申請をすることはできません。申請は英国の大学もしくは高等教育機関を介してのみ可能となります。申請を希望される大学や団体は、まず当財団のロンドン事務所に詳細をお問い合わせ下さい。次期プログラム(2019年10月-2020年9月)の申請締切日は2019年3月31日です。

これまでに奨学金が提供された大学・団体:バーベック大学、 ブリストル大学、ケンブリッジ大学、カーディフ大学、ダラム大学、エジンバラ大学、キングス・カレッジ・ロンドン、リーズ大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、マンチェスター大学、ニューキャッスル大学、オックスフォード大学、オックスフォード・ブルックス大学、シェフィールド大学、SOAS (ロンドン大学), セント・アンドリュース大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、イーストアングリア大学、ワーウィック大学、ヨーク大学

発表会議

2017年11月10日にロンドン大学の東洋アフリカ研究学院(SOAS)にてササカワ日本研究奨学金の奨学生を一同に集めた研究発表会議が開かれました。この会議には49人の奨学生が参加しました。このイベントでは36人の奨学生がそれぞれの研究発表をし、同時にイベントに参加した様々な分野における日本専門家の方々が学生の発表の講評、助言をして下さいました。

研究発表会議終了後に行われたレセプションには日本大使館、英国日本研究会、日本学術振興会の方々をはじめ、英国の各大学から日本研究の指導教官が多数参加して下さいました。

日本財団を代表してこのイベントに参加された田南立也特別顧問は、最後の挨拶で「皆さんの素晴らしい研究発表に深い感銘を受けました。様々な国から来て英国で日本研究をする皆さんには親日家になるよりも”知日家”として、必要なときにはお互いに批判し合うことも出来る友人に将来なって欲しい」と学生達にエールを送られました。

イベントに参加した大学関係者:バーベック大学、ブリストル大学、ケンブリッジ大学、カーディフ大学、エジンバラ大学、キングス・カレッジ・ロンドン、リーズ大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、マンチェスター大学、ニューキャッスル大学、オックスフォード大学、オックスフォード・ブルックス大学、シェフィールド大学、SOAS、セント・アンドリュース大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、イーストアングリア大学、ウォーウィック大学、ヨーク大学